企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 働き方で選択する >> 残業なしの企業求人を探しの薬剤師の方へ

残業なしの企業求人を探しの薬剤師の方へ

残業なしの企業はやはり人気が高いと言えます。残業がないということはそれだけ、計画的に自分の時間を持つことができるようになり、プライベートを充実させていくことができるでしょう。逆に予測できない残業が発生しやすい場所というのは、それが大きなストレスになり転職を検討する人が多くなる原因になると言えます。そのため残業については大きな悩みになってしまっている会社が比較的多いと言えるでしょう。

病院などの薬剤師である場合、ひどく帰宅が遅れてしまうような残業はあまり発生しないと言えますが、企業で働く薬剤師の場合は、大きな残業が発生していく可能性はあると言えるでしょう。このような残業が発生してしまった場合、自身の仕事を終える、もしくは働ける限界の時間になるまで帰宅をすることは困難になってしまいます。

残業はないに越したことはなく、残業がない企業に転職をしようと検討する薬剤師も少なくありません。転職サイトや求人サイトを見ると、「残業なし」という言葉をあえて、大きく取り上げている求人情報もあると言えます。企業の薬剤師求人を探していく場合には、残業の有無についても忘れずにチェックをしておきたいものです。

残業が出てきても、それがいわゆるサービス残業になってしまうのか、それとも残業代が出るのかという点も大きな注意ポイントとなります。サービス残業になってしまう場合、メリットはあまりないと言えるでしょう。残業代が出てくる場合、給料を増やすことはできるので、残業へのモチベーションというのは比較的大きくなります。

一般企業への転職を希望する薬剤師で、どうしても残業が嫌だという人は、残業が極力発生しない求人場所を探していく必要がありますが、全く残業がないという職場は非常に少ないと言えます。ちょっとした時間延長、あるいは少量の残業ははじめから、ある程度覚悟しておき、その上で、残業がない求人情報を探していくことをおすすめします。

自身の仕事が遅いことから、仕事が時間内で終わらない場合には、当然残業ということになります。しかしこれは、就職場所が悪いのではなく、自分自身の効率が悪かったということになるでしょう。このような点を勘違いしてしまうと、満足のいく職場を見つけることは非常に困難になるので注意が必要です。 残業が大きなストレスになって転職を検討している人は、職場についてよく情報収集をし、職場について知ることが非常に重要です。職場の雰囲気というのも残業に関して大きく影響してきます。

企業薬剤師の求人なら、以下の求人サイトが人気!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.