企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 働き方で選択する >> 企業求人をお探しの60代・定年後の薬剤師の方へ

企業求人をお探しの60代・定年後の薬剤師の方へ

最近は60歳でも元気な高齢者がたくさん居ます。平均寿命も男性が79.94歳、女性が86.41歳とかなり延びてきているので、定年後の人生をどうするか、非常に重要な問題になってきています。そうした背景の中で、60代になってからの転職先、あるいは定年退職した後の転職先をどうしようか迷っている薬剤師も多いと聞きます。そこでこのページでは、60代の転職や再就職の際に注意したいポイントを、大手転職エージェント所属のキャリアコンサルタントなどの言葉を参考にまとめてみたいと思います。

■プライドを全て捨て去れるかが重要
結論から先に言いますが、60代で転職や再就職を考える場合は、プライドを捨てられるかどうかが重要になってくるといいます。60代まで薬剤師としていろいろな現場で経験を積んできたはずですし、製薬会社や医療機関などで輝かしいキャリアを築いてきた人も居るかもしれません。

しかし、そうした自負は60代の再就職や転職でマイナスにしか働かないといいます。年収に関しても、新卒程度の給料で我慢ができるのか、今までのやり方を捨てでも順応できるのか、希望に合わない勤務体系、例えば週5日の勤務を週3日で対応してもらいたいと言われた場合に受け入れられるのかなど、とにかく相手の言い分は全て飲むくらいの気持ちがないと採用は厳しいといいます。

■チャンスがあるだけでありがたいと考える
さらに、60代で応募可能な求人数がかなり少ないので、募集情報を探すだけでも苦労するかもしれません。まずは『ハローワーク』や『マイナビ薬剤師』や『リクナビ薬剤師』などに登録をして求人情報を手に入れる方法を確保してください。その上で、自分の応募できる求人があれば幸いと考えて、謙虚な気持ちで応募するといいといいます。なかなか受け入れ難い現実かもしれませんが、気持ちを切り替えて頑張ってみてください。

以上、60代の薬剤師の転職、再就職に関する情報をまとめました、いかがでしたでしょうか?現状で企業や医療機関、薬局は長く勤めてくれる若い人材を探しているので、60代は厳しいのですね。ただ、その中でも応募できる求人があれば幸いと考えて、今までの薬剤師としての自負を一度捨て、新入社員に戻ったつもりで謙虚な姿勢で応募してみてください。また、求人情報そのものが60代になると少ないので、ハローワークや民間企業が運営する転職エージェントなどを上手に利用して探してみてください。

企業薬剤師の求人をお探しの60代・定年後の方へ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.