企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 働き方で選択する >> 企業求人をお探しの50代の薬剤師の方へ

企業求人をお探しの50代の薬剤師の方へ

50代となると定年退職も近付いてくるため、自分のキャリアをあらためて考えてしまうはずです。薬剤師も例外ではなく、最後に何かチャレンジするべきなのかと、いろいろと考えてしまいますよね?そこで今回は、50代で製薬会社や開発業務委託機関(CRO)など企業の薬剤師になりたいと思った場合、可能性はどの程度あるのか、大手転職エージェントに出ている求人情報などを参考にまとめてみたいと思います。

■50代、未経験での転職は思いとどまった方が、生涯年収は高くなる場合が圧倒的に多い
結論を言うと、引き抜きのような形を取らない限り、50代の転職は生涯年収を下げてしまう恐れがあるので、お勧めできません。そもそも50代に対する製薬会社やCROからの求人は、経験者でありミドルマネジメント層を想定しています。未経験の場合は仮に採用されたとしても年収や退職金の面で現状よりも大幅に落ちるので、生涯年収は大きく下がると覚悟してください。そう考えると、50代で未経験の企業に転職を考えている人は、思い直して今の居場所で頑張るという選択肢が一番なのかもしれません。

■経験者の場合はどうなのか?
では、製薬会社の開発や薬事の仕事、CRC、CRAの仕事に経験があって、マネジメント層での転職を考えている場合は、どうなのでしょうか?この手の転職は可能性が十分にありますし、年収アップや生涯年収アップもあります。

ただ、50代の経験者は、企業の側に不安視されている点も忘れてはいけません。経験を積み、スキルを持っている50代の薬剤師は、良くも悪くも「自分のやり方」を持っています。その「自分」が新しい組織になじまないと、採用した側も迷惑をします。そうしたミスマッチを恐れて、企業の側は50代の経験豊富な薬剤師の採用に慎重になってしまうのです。仮に50代で経験のある業務に転職をしたいと思った場合は、組織にコミットできる、今までの経験を必要とあれば捨て去れるという柔軟性をアピールしなければいけません。

以上、50代で企業の薬剤師に転職したい人に向けて、その可能性や問題点をまとめました。繰り返しますが、企業関連の業務が未経験の薬剤師は、50代となると転職の道はないと考えた方がいいと思います。一方で経験者も、その経験や能力を主張し過ぎると使いづらいとして不採用になってしまう恐れがあります。上述のポイントを踏まえて、残り10年近くのキャリアをあらためて考えてみてください。

企業薬剤師の求人をお探しの50代の方へ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.