企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 働き方で選択する >> 企業求人をお探しの20代の薬剤師の方へ

企業求人をお探しの20代の薬剤師の方へ

薬剤師にとって、ある意味で花形の仕事ともいえる業務が医療機関での仕事になるかと思いますが、一方で製薬会社など企業関係の仕事も大変な人気があります。調剤薬局やドラッグストアに勤務しながらも、企業関連の薬剤師にチャレンジしてみたいと、今まさに思っている方も居るのではないでしょうか?ここでは、薬剤師の転職をサポートするキャリアコンサルタントの言葉などを参考に、20代で企業薬剤師に転職する方法やその採用の現実味を考えてみたいと思います。

■20代のうちはどんどんチャレンジする
結論から言うと、20代で企業薬剤師に転職しようと思った場合は、どんどんチャレンジをした方がいいそうです。30代以降になると経験者でなければ採用がますます厳しくなるので、20代のうちにチャンスがあれば積極的にチャレンジした方がいいそうなのです。企業に勤務する薬剤師は製薬会社や化粧品会社、治験の開発業務委託機関などが想定に入ってくると思いますが、その手の組織にもいろいろな仕事があり、さまざまな分野で薬剤師を欲しています。研究職は狭き門で修士の新卒採用がメインになりますが、MRの仕事や薬事、治験関係であれば中途採用、学部卒でもチャンスはあります。

もちろん、ドラッグストアや調剤薬局と比較すると求人そのものが少ないいので、競争倍率も高くなりますが、20代という若さはそれだけで武器になります。「自分では駄目かな?」と不安になる気持ちもあるかもしれませんが、チャンスがあれば欠かさず応募するくらいの積極性を貫くといいそうです。

■自己流の応募よりも、転職エージェントを通した方がいい
製薬会社など企業が出している求人に応募する場合、直接応募してもいいのですが、転職エージェントなどを挟んだ方がいい結果になる場合が多いようです。その理由は単純で、転職エージェントを利用すると、転職に有利な情報や対策を伝えてもらえるからです。履歴書の作成や面接対策、企業研究も手伝ってもらえるので自然とチャンスは高まります。人材の魅力度として何かが足りない場合は、その点についても忌憚(きたん)ない助言を与えてくれます。無料で利用も可能です。リクナビ薬剤師マイナビ薬剤師など、幾つか有名なサービスがあるのでチェックしてみるといいかもしれません。

以上、20代の薬剤師が製薬会社など企業へ転職する際の注意点やポイントをまとめました。誰もが最初は未経験でスタートします。20代であれば未経験でも、将来性を買ってもらえる年代です。何回か落ちたとしても、あきらめずにチャレンジし続けてみてください。

企業薬剤師の求人をお探しの20代の方へ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.