企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 企業薬剤師の基礎知識 >> 企業薬剤師の平均年収は?

企業薬剤師の平均年収は?

年収の高いイメージがある薬剤師の仕事ですが、実際収入を継続的に維持していくために問題のない金額を給与として受け取ることが出来ます。あるデータによると、月収で30万円台後半、年収で600万円弱という金額が企業薬剤師の年収との事で、ボーナスを含めた金額として専門職にふさわしい年収になっています。しかし、パートなどの働き方もあり仕事の形態によってこの金額は大きく変動するので、仕事を探す段階で生涯賃金が目減りしないようリサーチしたいものです。

薬剤師としてのモチベーションを保つのに高い賃金はかなり重要な事です。女性でこの仕事を目指す方の中には、やはり時給の高さを大きな理由とする方がおり、調剤薬局などの勤務ではパート労働でも高い時給が設定されている事と、時間の融通が効くということが最重視されているようです。製薬会社勤務の場合、派遣の仕事などもありやはり定時で帰宅することもできる上、高い時給が設定されているため、共働きなどをしながら安心して業務にあたる事が出来ます。

平均年収として600万円弱ではありますが、変則的な働き方をしてもある程度の収入が見込めるということが、女性にとっては魅力のある職業です。男性の場合も同じく、生活には余裕を持てます。また、大手の製薬会社に勤務の場合、年収は1000万円程度になり、役職者であればさらに賃金アップを望めます。仕事の内容としては通常の企業より重い製薬上の責任が生じますが、ポスト、賃金ともに十分な重みのある仕事と言えます。

年収がベースアップする為にはやはり、中堅の製薬会社等に勤務するか、医療現場に近いMRのような職種で一定以上のパフォーマンスをあげる事が必要です。また製薬の現場では常に治験によって得たデータを自社の開発にフィードバックさせる姿勢が必要となるため、そのような勘を常に磨いておく必要があります。仕事の中で身につける勘は一朝一夕に構築できるものではなく、日々の研鑽が必要です。

もし企業薬剤師に転職を思いたち、転職エージェントを利用する場合には、その点を踏まえて長期的な展望の元、年収がどの程度伸びるかをシミュレーションすると良いでしょう。基本的な賃金に加え、製薬会社独自の開発が成功するとその分のベースアップが望めますし、逆に製薬会社で不正等があると評価も大幅にダウンします。これはどの業界でも共通の事ですが、薬剤師は比較的社会的評価の影響を受けやすい業界です。

企業薬剤師への転職で年収アップ!人気求人サイトはこちら

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.