企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 企業薬剤師の基礎知識 >> 調剤薬局と比べての魅力は?

企業薬剤師と調剤薬局を比べたときの魅力は?

企業薬剤師と調剤薬局内での薬剤師を比較した場合、後者はダイレクトに店舗ごとの薬の売り上げが評価に響いてくるという点があげられます。純粋な営業販売職ではなく、薬は必要に迫られて購入する顧客が多いため、きゅうきゅうと月々の売り上げに悩むということはそれほどありませんが、地区によっては調剤薬局が近隣に何店舗もあり、売上を競い合う激戦区という事があります。

大きな総合病院の側はその傾向が強く、調剤薬局の側も数値化はしないものの薬剤師に属人的な営業上の努力を期待する事があります。あまり大きくない調剤薬局内では、そのような動きが仕事をして行く上でメンタル面に影響するという事もあるため、人間関係が密になったり仕事をして行く上であまりにも営業的な部分が強調されるのは向いていないと思う方は、調剤薬局での勤務を苦痛に感じてしまうかもしれません。その点、企業薬剤師はセクションにより、あまり営業的な感覚を必要とせず研究開発に関われるような部署もあります。

今まで調剤薬局に勤務しながら、転職で企業薬剤師を目指す場合には、仕事の質と課せられるものの違いに敏感になるのが得策です。これはどのような仕事でも共通して言えることですが、規模と仕事の内容のかみ合わないうちから色々と考え、ひたすらメリットとデメリットだけを並べ立てるのはあまり仕事をしていく上でプラスと言えません。調剤薬局には調剤薬局のメリットがあり、企業薬剤師にはそれなりの大変な部分があります。

しかし、一つ言えるのは調剤薬局では比較的パート労働が簡単であり、企業薬剤師ではシフト勤務が難しいという事です。そのため家庭を持っている女性では薬剤師の資格を調剤薬局勤務で無理なく生かしやすく、企業薬剤師となると平均して月250時間以上程度は仕事をしなければなりません。薬剤師の魅力として、女性一人で生活をしていくのに十分な賃金を得られるという点は確実だと思います。高い年収はそのままに、より時間の融通が効く働き方はどのような形かを模索したくなることと思います。

転職時に、企業薬剤師のメリットを簡潔に知りたい場合、転職エージェントなどその業界で長く人材の調整をはかってきたプロと話をするのが一番です。特色を整理し、時には転職を考えている大手製薬会社の実情や近年の業績もしっかりと教えてくれるのが、エージェントの大きな魅力です。調剤薬局の中で日々の業務に集中していると見えにくい部分の情報も得ることが出来ます。

企業薬剤師の求人サイト人気ランキングはココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.