企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 企業薬剤師の基礎知識 >> 企業の募集を効率的に見つけるには

企業の募集を効率的に見つけるには

企業の募集を効率的に見つけるには、発想を逆転させて企業に見つけてもらう、という方法もあります。大手の転職サイトの中には履歴書を登録した上で、スカウトを受けるサービスを用意している会社が沢山あります。スカウトサービスにもランクがあり、企業の人事が自分の履歴書を閲覧しているという程度のものから、面接確約のスカウトまで様々ですが、薬剤師はスキルワークのため、企業が必要を要した場合すぐに履歴書が目に止まり、多数のスカウトが来る可能性があります。

転職サイトのスカウトサービスを利用する場合、履歴書の整理を行い、スキルとそれまで行ってきた仕事の内容を照らして企業が参照しやすくしましょう。会ってみたいと思わせる履歴書を作ることは、書類選考の第一段階としてとても大切な事です。専門性が高い職業ほどチャンスがありますが、履歴書で無駄になってしまうのは勿体無いので、資格や稼働してきた企業名を解りやすく簡潔に書くなど、ごく常識的な部分をしっかりと抑えましょう。

転職サービスを利用せず自分で仕事を検索する場合、とても基本的な事ではありますが、ハローワークの利用を射程に入れると良いでしょう。現在、インターネットサービスもあり求人内容と求職者のマッチングがかなり高度に図れるハローワーク。実際に地域のハローワークを訪ねる前に、インターネットサービスを利用して地域にどれ位有効な求人があるか、確認の上で気になる案件をピックアップしておくと良いでしょう。

時にはハローワークの案件が、より条件のよい内容で派遣会社や転職サービスを通して市場に出ている事もあります。これはインターネットにより、求職活動が便利になった一方複雑化してしまった部分でもあります。検索によっても複数案件が同時に表示されるのは良いことですが、反面インターフェイスに影響されて自分の探している転職先の本質がぼやけてしまったりします。これは求人を募る側でも同じことで、たくさんの転職希望者を一度に俯瞰できると、人事上の悩みは逆に大きくなります。

最終的に、転職後問われるのは人と人の関係性であるということを今一度認識し、効率よくマッチングを図るために転職エージェントのような転職活動のプロを通すと効果的です。検索によって得られるただの情報でなく、人事に替わる観点からのアドバイスがありますから、思いがけず自分の気づかなかった可能性に気づく事もあります。やみくもに幾つもの資料を閲覧するより、人的資源を利用する姿勢が転職には大切です。

企業薬剤師の求人を効率的に探せるサイトはココ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.