企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 企業薬剤師の基礎知識 >> 幅広な企業薬剤師の仕事内容を知ろう

幅広な企業薬剤師の仕事内容を知ろう

薬剤師について、一度資格を取得してしまうとその後安泰というイメージを持つ人も多く、そのイメージは時給の高さに由来します。また、医療機関に勤務する薬剤師が多いため、医療の場に対する安定した印象もそのような感覚に結びついています。確かに一面で安定した収入を得られる事は確かですが、薬剤師の活躍の場は医療機関のみでなく、一般的な企業内の場合もあります。そこでは様々な規制緩和や世の中の流れを受けて、薬剤師にもそれなりの対応能力が必要とされます。

企業薬剤師で代表的なものが、製薬会社に勤務する薬剤師です。製薬会社の管理薬剤師業務は、法によって定められた薬局への薬剤師配置義務に従って勤務しています。薬の在庫管理や行政対応など仕事の内容は様々ですが、エンドユーザーに対して薬を売ることにまして時代の流れを受けて変わりやすいため、日々苦労しているという話もあります。しかし、高い知識を存分に活かしながら日々の仕事を行っていけることが特徴です。

治験コーディネーターは、薬を摂取する側にある、薬に対する懸念や先入観を払拭するために知識を伝える仕事です。どちらかというと日本ではなく、サプリメントで健康を補う機会も多い海外で発達した仕事ですが、近年では知名度が上がり企業薬剤師の仕事としては求人数も多いです。治験についてしっかりと知る必要があります。新薬についての説明をエンドユーザーに分かりやすくするには、営業的なセンスも必要とされます。

MRは医療情報担当者です。医療従事者に対する自社の薬品のプレゼンテーションが主たる仕事です。また、医療従事者から、薬品を使った際の臨床的な結果を聞き、自社の開発研究に役立てるということが業務の内に含まれます。多種多様な薬剤師の業務のうち、対象が医療従事者となる仕事のため、現場の声を吸い上げやすいという特徴があります。営業的な要素が強くプレゼンには様々な努力が必要となってきます。

もともと薬剤師の仕事自体、難関の国家資格で知識が必要ですが、それを職業として展開させていく中で当然、自分が継続的に営業活動を行う層やエンドユーザーが異なってきます。製薬会社に勤務の場合、特にどんな層に対して薬の効果をフィードバックするかという認識をはっきり持っていれば、プレゼンテーションもしやすく薬を安全に使ってもらえます。様々な症状の改善に役立つ薬を、しっかり知ることが企業内薬剤師の大切な役目と認識しましょう。

企業薬剤師の求人サイト人気ランキングはこちら

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.