企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> 薬事の求人探し

薬事の求人探し

薬剤師の転職先には、どういった選択肢があるのでしょうか?調剤薬局やドラッグストアは有力な選択肢ですが、治験関係、製薬会社、医療機関、自治体などもあります。ただ、調剤薬局やドラッグストア以外の転職先は、かなりの競争倍率になります。治験業務であるCRAやCRCに関しては、他学部の人間や経験豊富な看護師、保健師ともポジションを争わなければいけないので、さらに厳しい戦いになります。

そう考えると製薬会社における薬事申請の仕事も、お勧めかもしれません。製薬会社での仕事というと研究や開発が真っ先に思い浮かびますが、薬事の仕事もあります。薬剤師としての知識を生かしつつ、ある程度じっくりと事務作業をしたいという人に薬事の業務は向いているので、今回はそのあたりの魅力をまとめたいと思います。

■薬事の仕事は薬剤師の魅力的な転職先の1つ
製薬会社が医薬品を市販化したいと思った場合、厚生労働省に各種の書類を提出しなければいけません。その作業を薬事というのですが、当然誰でもできる仕事ではないので、薬に関する深い知識を持った人材を製薬会社も求めています。その意味で薬剤師に薬事は向いているのです。具体的な作業としては、市販品や新薬の添付文書の作成や改訂、厚生労働省とのやりとりといった仕事が中心になります。治験業務に携わったり、全体のプラン作りをしたりする場合もあり、薬事申請に付随して発生する翻訳業務を求められる場合も多いので、英語を生かした仕事をしてみたいと思う方にもお勧めです。

■仕事は転職エージェントで探す
では、薬事の仕事はどうやって探せばいいのでしょうか?基本的にはリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師のような転職エージェントで探すか、契約社員や派遣社員をあっせんしている業者に登録して探すといいです。特に未経験の方は、契約社員で経験を積んで、正社員として転職をする方法が現実的です。最初から正社員で転職ができれば最高ですが、無理でも契約社員で経験を積んでから、正社員に挑戦してみてください。

以上、薬事の業務内容や求人の見付け方についてまとめてみました。薬剤師としての能力を事務で生かす魅力的な仕事です。英語が得意な方はなおさら居場所を見付けやすいですし、やりがいを感じやすいと思います。薬剤師の有力な転職先の1つとして、チェックしておくといいかもしれません。

薬剤師の資格を活かして薬事業務に就きたいなら!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.