企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> 専門学校の講師の求人探し

専門学校の講師の求人探し

薬剤師としての働き方で「講師」という選択肢を選んでいく人もいることになります。薬剤師で講師として仕事をしていく場合、国家試験にどれだけ生徒を合格させていくことができるかが大きな課題になっていきます。そのため病院などで仕事をしていく薬剤師、医薬品を扱う薬剤師と比べると焦点が大きく変わっていく点に注意が必要と言えるでしょう。国家試験のための予備校などで講師をすることもあり、大学受験の予備校講師のような立場生徒のやる気を削がない、より大きくしていけるような立ち振る舞い、接し方が求められる面もあると言えるでしょう。

薬剤師に関する専門学校での講師として仕事をすることもあります。専門学校の場合でも生徒との距離感などは重要であり、人間関係を上手く作れるか、コミュニケーションを適切に取ることができるかなどが重要となります。医薬品の管理などをしない面で楽であるとは言えますが、国家試験を踏まえた学習を常にしておかないといけないこと、生徒に対して柔軟に対応をする必要があることを考えると、決して楽な仕事ではないと言えるでしょう。

患者との関わりというのも非常に少なくなります。現場でバリバリ仕事をしていきたいと考えている人にはあまり向いていないでしょう。誰かを育てる、教えていくことに大きなやりがいを感じている人向けの職場、仕事となります。

専門学校を始めとした薬剤師の講師として仕事をしていくためには、職場をしっかり見つけることが重要です。どのような学校に就職したいのか、どのような職場が良いのかを選択していくと、職場の数は決して多いとは言えないものになるでしょう。ですが、職場が全く見つからないということはないと言えるので、希望に近い就職場所を見つけていくことは大切です。

求人サイトや、転職サイトを利用していくことで、効率的に職場を見つけることはできるでしょう。ただ、講師に対しての実態というのはしっかり知っておくべきです。講師だから楽であると考えてしまったり、現場に出たくないという理由などから、講師を目指すことはおすすめできません。

国家試験が近づけば近づくほど、仕事は激務になることが多く、また国家試験が近く出ない場合も、仕事の量というのは決して少なくありません。明確な目標、やり遂げたいことがあるという人が講師を目指していくべきであると言えます。安易な気持ちで目指してしまうと、仕事のモチベーションを上げることが難しくなるでしょう。

薬剤師の資格を活かして専門学校の講師になるなら?

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.