企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> 学術業務の求人探し

学術業務の求人探し

製薬業界での学術業務は、日に日に新しい技術が生まれて活用されていく製薬業界の最新情報を収集し、データ化した上で資料に起こし、関係各位に説明をするという仕事です。専門性が高く文字通り学術的見地も必要とされるため、この職につくためにはそれまでに様々な経験を薬理業界で積んでいる必要があります。仕事の内容としてはデータ化が含まれるため論理的思考能力が不可欠であり、英語文献を読みこなす事とそれを日本語にて説明する翻訳能力が求められます。日本語文献のみではないので、薬剤師として資格を取得する時同等の英語より更に専門的な語彙の蓄積が必要です。

学術業務は、デスクワークが主でそれほど接客的な要素はないので、前職が調剤薬局勤務などの場合はかなり異なる環境に身を置くこととなります。また、製薬会社の場合は自社製品についての電話相談などをカスタマーセンターで吸い上げたものの対応が必要とされる場合もあります。あくまでも自分がお客様相談を受けるというより、二次対応としてより本質的な観点から自社製品を説明するといった仕事が多いのですが、エンドユーザーに専門的な事柄をわかりやすく説明するセンスは大いに必要とされます。

薬理の世界は専門的な事柄になるとわかりにくい点も多いため、出来るだけ懇切丁寧に説明するセンスがあれば大変重宝な存在となります。

学術業務は求人数自体があまり沢山あるとは言えません。製薬会社の規模にもよりますが、大手の企業であれば設置されている事があり、それほど大きくない製薬会社では他のセクションと兼用されている事も考えられます。求職者にも高い見識と経験が必要とされ、なおかつ求人数も少ないとなると、なかなか自分で案件を探すことは難しい仕事と言えるでしょう。また、企業でも自社業務にあった人材がいればしっかりと確保したいところです。

転職エージェントの中で、この学術業務を取り扱う企業もあります。転職時に高いスキルの人材を的確に企業とマッチングしてきた製薬会社限定の転職エージェントですが、学術業務も例外でなく、それを得意とする転職エージェントも存在します。履歴書と職務経歴上のプロフィールをしっかりとまとめ、なぜ学術業務を業務を志向したのか動機付けをしてから、転職エージェントに学術業務の紹介を依頼しましょう。案件数が少ないだけあって、もし見つけた時には面接などに万全の体制を整えてチャレンジしたい案件と言えます。

薬剤師の資格を活かして学術業務に!下記サイトをご参考に

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.