企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> ジェネリック医薬品メーカーの求人探し

ジェネリック医薬品メーカーの求人探し

ジェネリック医薬品とは、新薬の成分特許が切れた後に開発される後発薬です。新薬より値段が安いため保険制度の整わない欧米では多用されており、長期服薬をする必要のある患者に対して薬代を削減することができるため注目されています。日本では薬局にてジェネリック医薬品と新薬のどちらを利用するか選択できるようになっている場合があり、試算に基づいて薬の代金を算出し、多くの患者がジェネリック医薬品を利用しています。

欧米に比べると日本では保険制度が充実している分、どちらかというと従来通りの新薬を選択する人もおりあまり盛況でないかに見えるジェネリック医薬品市場ですが、服薬する人の年齢次第でそれほどこだわりなく利用されているのが現状のようです。何より、腕のいい薬剤師によって新薬と後発薬の違いを説明されればそれがジェネリック医薬品使用の鍵となります。そのため、ジェネリック医薬品と関わる立場の人は、その特性と成分についての把握を行うことが必要になります。

ジェネリック医薬品は成分特許が切れていても製造特許がきれていない場合、製法は新薬と違う場合があるために、厳密にいえば新薬とまるで同じ商品というわけではありません。カプセルなどの材質が違う場合もあり、長期的な服薬による効果については検証されていない場合もあります。しかし、医療費の削減が日々飲む必要のある薬の金額を落とすことから出来るというのは合理的な事であり、特に長期服薬が必要な患者の場合、大きい差です。

試算はどのジェネリック医薬品メーカーでもサービスとして行っていることです。それらの結果を元にして患者がどちらの商品を選ぶか、判断を促すのもジェネリック医薬品メーカーの社員が間接的に関わります。薬については十分検討してから選びたいという患者に、自社の製品メリットを伝えるのが重要な仕事の一つとなってきます。これから普及が見込まれるジェネリック医薬品は、潜在的な需要をたくさん持っています。

ジェネリック医薬品メーカーに転職するためには、転職エージェントを利用するのが効果的です。様々なメーカーを同時に検討でき、なおかつそれまでの薬剤師経験を正当に評価してくれるエージェントでは、職歴に高い評価がつきます。履歴書や職務経歴書を整備する段階からしっかりとエージェントに関わり、自分の望む方向性を見据えて面接準備をするのが転職成功の大きな鍵です。医療品メーカーの将来性についてもリサーチをしながら、エージェントを活用しましょう。

ジェネリック医薬品メーカーへの転職なら、下記をご参考に!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.