企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> 治験の求人探し

治験の求人探し

薬剤師や薬学部出身者の仕事場はいろいろとあります。そのうちの1つが治験業界だと思いますが、この業界に入るためにはどのようなルートがあるのでしょうか?実際にどのようなポジションや仕事があるのか、薬剤師や薬学部出身者であっても、意外に混乱している人も多いような気がします。そこで、薬剤師や薬学部出身者が応募可能な治験の仕事と、求人の探し方などをまとめてみたいと思います。現役の学生も含めて、参考にしてみてください。

■治験の仕事は、転職支援サービスなどに求人が集まっている
まず、治験に関係した薬剤師の仕事を探したければ、転職支援サービスやハローワークに登録をして探すといいです。その手のサービスにはたくさんの求人が集まっているので、難易度や競争倍率は高いですがチャンスはあります。

治験に携わる薬剤師や薬学部出身者の仕事はCRAとCRCの2つが主にあります。CRAとCRCとは似通った名称なので混乱してしまいがちですが、CRA(Clinical Research Associate)の方は、製薬会社の側の人間として治験を依頼し監督する仕事を担当します。CRC(Clinical Research Coordinator)は、製薬会社の依頼を受けて、実際の治験を取り仕切る役割を果たします。

前者のCRAは製薬会社に所属し、その会社の社員として治験を依頼する側になります。後者のCRCは開発業務委託機関(CRO)に所属し、薬の市販化に先だったテスト(治験)の依頼を受け、治験実施医療機関で実際に治験を取り仕切る仕事をします。CRAに関しては製薬会社から募集が出ており、後者のCRCに関しては開発業務委託機関(CRO)から募集が出ています。どちらも看護師や保健師などいろいろな背景を持つ人が集まってきており、その分だけ競争倍率も高くなりますが、薬剤師は多少有利だと言われている業界なので、積極的に応募してみるといいかもしれません。

■転職エージェントに登録してみる手もあり
繰り返しになりますが、治験関連の求人は転職エージェントに集まっているので、求人探しを兼ねて登録をしてみるといいかもしれません。その手のサービスに登録すると、求人紹介のみならず履歴書作成の補助や面接の練習、企業研究や過去にどういった質問が採用面接で出たか無料で教えてもらえます。非常に使い勝手のいいサービスなので、利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、治験の求人や探し方などについて簡単にまとめました。それほど楽な道ではありませんが、薬剤師としての知識や経験も評価してもらえる世界なので、将来的にCRAやCRCに転職を考えている人は、目の前の仕事に全力を注ぎながらチャレンジし続けるといいかもしれません。

薬剤師の資格を活かして治験業務に転職したい方へ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.