企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> MRの求人探し

MRの求人探し

MRは医薬情報担当者と呼ばれ、医療関係者に自社製品の説明を行う仕事です。取り扱う領域は広く作用についての説明から開発されるの過程と薬の種類について、広汎な知識を持っている事が勤務の前提となります。営業職のように考えられがちですが実際は営業でなく、1993年に制定されたプロモーションコードに従って仕事を行っています。MR認定試験という試験があり、特に必須ではないもののこの資格を所有して仕事を行っている場合が多いです。未経験からの転職も多いですが、この資格の事と薬剤師の資格を併用した方が有利だということは念頭においた方が良いでしょう。

薬剤師の資格も特に必須というわけではないMRですが、医療の現場で仕事をする方々に自社製品の役割を伝えるためには、やはり製品知識が必須になります。そのため、資格があればそれに準じて基礎の部分を作ることが大切ですし、薬剤師は医療業界で薬理を扱うためには最も基礎的な資格と言えます。仕事をするにつれて専門的な部分や特化されている部分はさらに深化していきます。薬理の最前線で開発した薬の利点を医療現場に説明するMRでは、なおさらのことです。

MRは給与もよく、転職に成功した場合十分な収入を得てしっかりと働いていけることは確かですが、かつて営業職として扱われていた名残か比較的女性の再就職に厳しい状況となっているようです。しかし、せっかくの難関資格を経てつく仕事のため、何らかの形で経験を生かすことができればベストです。もし、それまでMRとしての経験を積み、結婚や妊娠などで退職した後再び同じような仕事につきたいという場合、転職エージェントを利用するのが有効です。

転職エージェントでは、それまでの経験を生かした高度なマッチングがなされるのが特徴です。MRの場合それが特に顕著であり、様々な転職成功事例を抱えているエージェントがあります。まずは転職エージェントの研究をゆっくり行って、自分にふさわしい案件をマッチングしてくれそうな会社に登録を行いましょう。

MRは特有の勘が必要とされる仕事です。医療品の研究開発にはデリカシーが必要とされる領域があり、薬品の開発についての説明をする時に気をつけなければならないことが沢山あります。それを意見の多い医療業界にフィードバックするのが仕事の内容のため、慣れと医療関係者に対する関わり方のコツを知っている人材が必要とされます。転職エージェントで求めているのもそのような人材です。

薬剤師の資格を活かしてMRに!求人サイトランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.