企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見>

TOP >> 職種・業界別の求人事情 >> 日系製薬メーカーの求人探し

日系製薬メーカーの求人探し

日系製薬メーカーの魅力は、何と言っても身近な存在である事です。名前を聞くと幼児期からの持病の緩和のために役立つ薬を開発していた、とか、キャラクターに親しみを覚えていたという経験がある方も多く、人に説明する時もその企業に所属している事をきっかけに会話が弾みやすいです。

佐藤製薬や塩野義製薬のように、独自の商品開発によりシェアが安定している企業も多く、大企業とはいえ企業内で行われている開発に対し目が届くという利点もあります。

日系製薬メーカーを対象に転職活動を行う時、それまでの薬剤師としてのキャリアにプラスして、なぜその会社で仕事をしたいのかをしっかりとイメージするようにすると確実です。すべての転職活動に対して言えることですが、モチベーションと意欲、その会社でなければいけない理由をしっかりと整理することが何よりの差別化につながります。

薬剤師という国家資格を取り、通り一辺倒な仕事とは言えない業界ですが、自分の仕事が事なかれ的に埋れてしまうような状況を日系の製薬会社は望んでいません。周囲との一体化を図りつつ、会社の発展に貢献できるようなルートなり開発のきっかけを与えられるような人材が有望とされます。日系製薬会社の中でも、MRなど医療従事者を対象としたセクションでは営業的なスキルが必要とされます。

また、開発では自社の薬と治癒や副作用の因果関係に対して出来るだけ客観的かつ実証的に説明できる姿勢が求められ、それは開発のどの段階に携わっていても基本的には同じ事です。 仕事を行って行く上で、日系製薬企業に定めた理由を出来るだけ明確に持ち、自社の製薬状況に貢献したいという態度を見せることが必要です。それと同時に、動機を取りまとめて転職までの具体的な道筋を描いてくれる存在として、積極的に転職エージェントを利用しましょう。様々なエージェントがあり、特色も色々ですが、登録をしっかりと行っておけば的確な仕事を探してくれる場合があります。

日系企業では外資系の企業に比べて、薬剤師が携わっている部門での仕事の内容が見通しやすいという特徴があります。そのため、仕事をしながら機密を取り扱うと重要な責任が発生する事もあります。そのようなプレッシャーは薬理業界のどのセクションに携わっていても必要ですが、特に自覚を持って仕事に当たることが、ドメスティックな企業では大切です。自分のそれまでの職務経歴を生かしつつ仕事をするための動機を十分に整理して転職に臨みましょう。

日系製薬メーカーの薬剤師求人に強い!人気サイトはこちら

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>TOPページで詳細なランキングを比較してみる

TOP

企業薬剤師の基礎知識

職種・業界別の求人事情

働き方で選択する

人気の企業ランキング一覧

エリア別の求人事情


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 企業薬剤師の求人特集<※人気企業で働きたい薬剤師必見> All Rights Reserved.